EVENT REPORT

2019.4.18 UPDATE

3/9(SAT)

現代音楽と能

くちづけ

Nó-színház és kortárs zene:

Secret Kiss (Titkos csók)

会場:東京文化会館 小ホール(東京)

Tokyo Bunkakaikan Recital Hall

A Secret Kiss című darabot Eötvös Péter Aoki Ryoko előadóművész-énekesnő felkérésére írta, aki produkcióiban a nó-színház elemeit ötvözi a kortárs zenével. A Titkos csók Alessandro Baricco Selyem című novellájának egy jelenetére épül. A koncerten elhangzik még Eötvös Péter Harakiri című műve, valamint fiatal magyar és japán zeneszerzők, köztük Balogh Máté alkotásai.

東京文化会館の舞台芸術創造事業として、日本の伝統芸能である能とハンガリーの現代音楽を融合した舞台公演が上演されました。

ハンガリーと日本の両国を代表する作曲家エトヴェシュ・ペーテルを企画アドヴァイザーに迎えて若手作曲家中堀海都(日本)とバログ・マーテー(ハンガリー)の委嘱作品を世界初演し、さらには国際共同委嘱作品は青年団の平田オリザによる演出付きで日本初演されました。

演出では、現代音楽と「能×現代音楽アーティスト」の青木涼子らによる能との出会いが見どころでした。本作はスウェーデン・ヨーテボリでの公演に続く演出付き日本初演でしたが、形を変えて海外数カ国での上演が予定されており、舞台芸術の振興と発展に大きく寄与されました。

  

【舞台公演の様子】

 

 

 

ニュースレター申し込み

ハンガリー大使館からのお知らせや、各種イベントの情報を電子メールにて配信いたします。
おおよそ1ヶ月に1回の発行を予定しております。ご登録はこちらまでご連絡下さい(無料)。
mission.tio@mfa.gov.hu

申し込みはこちら